ジャンプ先: 概要. 戻り値. フラグ. Python 例.

概要

rowLayout( [string] , [adjustableColumn=int], [adjustableColumn1=int], [adjustableColumn2=int], [adjustableColumn3=int], [adjustableColumn4=int], [adjustableColumn5=int], [adjustableColumn6=int], [annotation=string], [backgroundColor=[float, float, float]], [childArray=boolean], [columnAlign=[int, string]], [columnAlign1=string], [columnAlign2=[string, string]], [columnAlign3=[string, string, string]], [columnAlign4=[string, string, string, string]], [columnAlign5=[string, string, string, string, string]], [columnAlign6=[string, string, string, string, string, string]], [columnAttach=[int, string, int]], [columnAttach1=string], [columnAttach2=[string, string]], [columnAttach3=[string, string, string]], [columnAttach4=[string, string, string, string]], [columnAttach5=[string, string, string, string, string]], [columnAttach6=[string, string, string, string, string, string]], [columnOffset1=int], [columnOffset2=[int, int]], [columnOffset3=[int, int, int]], [columnOffset4=[int, int, int, int]], [columnOffset5=[int, int, int, int, int]], [columnOffset6=[int, int, int, int, int, int]], [columnWidth=[int, int]], [columnWidth1=int], [columnWidth2=[int, int]], [columnWidth3=[int, int, int]], [columnWidth4=[int, int, int, int]], [columnWidth5=[int, int, int, int, int]], [columnWidth6=[int, int, int, int, int, int]], [defineTemplate=string], [docTag=string], [dragCallback=script], [dropCallback=script], [enable=boolean], [enableBackground=boolean], [exists=boolean], [fullPathName=string], [height=int], [isObscured=boolean], [manage=boolean], [noBackground=boolean], [numberOfChildren=boolean], [numberOfColumns=int], [numberOfPopupMenus=boolean], [parent=string], [popupMenuArray=boolean], [preventOverride=boolean], [rowAttach=[int, string, int]], [useTemplate=string], [visible=boolean], [visibleChangeCommand=script], [width=int])

注: オブジェクトの名前と引数を表す文字列は、カンマで区切る必要があります。これはシノプシスに示されていません。

rowLayout は、取り消し可能、照会可能、および編集可能です。

このコマンドは、子を水平一列に配置できるレイアウトを作成します。

戻り値

stringコントロールへのフル パス名

照会モードでは、戻り値のタイプは照会されたフラグに基づきます。

フラグ

adjustableColumn, adjustableColumn1, adjustableColumn2, adjustableColumn3, adjustableColumn4, adjustableColumn5, adjustableColumn6, annotation, backgroundColor, childArray, columnAlign, columnAlign1, columnAlign2, columnAlign3, columnAlign4, columnAlign5, columnAlign6, columnAttach, columnAttach1, columnAttach2, columnAttach3, columnAttach4, columnAttach5, columnAttach6, columnOffset1, columnOffset2, columnOffset3, columnOffset4, columnOffset5, columnOffset6, columnWidth, columnWidth1, columnWidth2, columnWidth3, columnWidth4, columnWidth5, columnWidth6, defineTemplate, docTag, dragCallback, dropCallback, enable, enableBackground, exists, fullPathName, height, isObscured, manage, noBackground, numberOfChildren, numberOfColumns, numberOfPopupMenus, parent, popupMenuArray, preventOverride, rowAttach, useTemplate, visible, visibleChangeCommand, width
ロング ネーム(ショート ネーム) 引数タイプ プロパティ
exists(ex) boolean create
指定したオブジェクトが存在するかどうかによって、true または false を返します。他のフラグは無視されます。
defineTemplate(dt) string create
他の任意のフラグと引数を解析し、かつ引数で指定したコマンド テンプレートに追加するモードに、コマンドのモードを変更します。templateName が現在のテンプレートとして設定されていれば、その後コマンドが実行されるたびに、この引数が既定の引数として使用されます。
useTemplate(ut) string create
コマンドに、現在以外のコマンド テンプレートの使用を強制します。
parent(p) string createquery
コントロールの親のレイアウトです。
enable(en) boolean createqueryedit
コントロールの有効、無効です。既定では true に設定されていて、コントロールは有効になっています。false を指定するとコントロールはグレー表示になって無効になります。
width(w) int createqueryedit
コントロールの幅を指定します。コントロールは親のレイアウトの条件によって無効にされない限り、このサイズを保持しようとします。
height(h) int createqueryedit
コントロールの高さです。コントロールは親のレイアウトの条件によって無効にされない限り、このサイズを保持しようとします。
visible(vis) boolean createqueryedit
コントロールの可視の状態です。既定では、コントロールは表示されます。コントロールの実際の外見も、その親レイアウトの可視の状態によって異なることに注意してください。
visibleChangeCommand(vcc) script createqueryedit
コントロールの可視の状態が変更されたときに実行されるコマンドです。
isObscured(io) boolean query
コントロールが実際に表示されるかどうかを返します。コントロールは、次の場合に隠れた状態になります。非表示の場合、別のコントロールで(完全に、または部分的に)ブロックされた場合、コントロールまたは親のレイアウトを制御できない場合、あるいはコントロールのウィンドウが非表示またはアイコン化されている場合。
manage(m) boolean createqueryedit
コントロールの状態を管理します。管理されていないコントロールは表示されず、画面の領域も占有しません。既定では、コントロールは管理できるように作成されます。
numberOfPopupMenus(npm) boolean query
このコントロールにアタッチされるポップアップ メニューの数を返します。
popupMenuArray(pma) boolean query
このコントロールにアタッチされる全ポップアップ メニューの名前を返します。
preventOverride(po) boolean createqueryedit
true の場合、コントロールのコントロールは親のレイアウトの条件によって無効にされ右マウス ボタン メニューを使用したコントロール アトリビュートのオーバーライドは無効です。
annotation(ann) string createqueryedit
コントロールに文字列値で注釈を付けます。
backgroundColor(bgc) [float, float, float] createqueryedit
コントロールのバックグラウンド カラーです。引数は、赤、緑、青のカラー成分に対応しています。それぞれの成分の値は、0.0~1.0 です。
backgroundColor を設定する場合、enableBackground を false に指定していない限り、バックグラウンドは自動的に有効になります。
noBackground(nbg) boolean createedit
コントロールのバックグラウンドをクリア/リセットします。バックグラウンドは、true を渡すと一切描画されず、false を渡すと描画されます。このフラグの状態は、このコントロールの子に継承されます。
enableBackground(ebg) boolean createqueryedit
コントロールのバックグラウンド カラーを有効にします。
docTag(dtg) string createqueryedit
コントロールにドキュメンテーション フラグを追加します。ドキュメンテーション フラグは、階層のようなディレクトリ構造になっています。例: -dt render/multiLister/createNode/material
dragCallback(dgc) script createedit
中マウス ボタンを押すとコールされるコールバックを追加します。MEL バージョンのコールバックの書式は次のとおりです。

global proc string[] callbackName(string $dragControl, int $x, int $y, int $mods)

proc はドロップ先に転送される文字配列を返します。規則により、配列の先頭文字列はユーザ設定可能なメッセージ タイプを表しています。アプリケーションで定義されたドラッグ元のコントロールは、このコールバックを無視する可能性があります。$mods で、キー モディファイアである CTL と SHIFT をテストできます。有効な値は、0 == モディファイアなし、1 == SHIFT、2 == CTL、3 == CTL + SHIFT です。

Python でも同様ですが、コールバックの指定方法が 2 つあります。お勧めの方法は、引数として Python 関数オブジェクトを渡すことです。この場合、Python コールバックの書式は次のようになります。

def callbackName( dragControl, x, y, modifiers ):

この引数の値は、上記の MEL バージョンの引数と同じです。

Python でコールバックを指定するもう 1 つの方法では、実行する文字列を指定します。この場合、Python の標準的なフォーマット演算子を介して文字列に値が代入されます。このフォーマットの値は、キー「dragControl」、「x」、「y」、「modifiers」と共に辞書で渡されます。dragControl の値は文字列で、その他の値は整数です(コールバック文字列の例: 「print '%(dragControl)s %(x)d %(y)d %(modifiers)d'」)。

dropCallback(dpc) script createedit
ドラッグ&ドロップ操作をドロップ位置で解放したときにコールされるコールバックを追加します。MEL バージョンのコールバックの書式は次のとおりです。

global proc callbackName(string $dragControl, string $dropControl, string $msgs[], int $x, int $y, int $type)

proc は、ドラッグ元から転送される文字配列を受け取ります。msgs 配列の先頭文字列はユーザ定義のメッセージ タイプを表します。アプリケーションで定義されたドロップ先のコントロールでは、このコールバックが無視されることがあります。$type の値は、1 == 移動、2 == コピー、3 == リンクのいずれかです。

Python でも同様ですが、コールバックの指定方法が 2 つあります。お勧めの方法は、引数として Python 関数オブジェクトを渡すことです。この場合、Python コールバックの書式は次のようになります。

def pythonDropTest( dragControl, dropControl, messages, x, y, dragType ):

この引数の値は、上記の MEL バージョンの引数と同じです。

Python でコールバックを指定するもう 1 つの方法では、実行する文字列を指定します。この場合、Python の標準的なフォーマット演算子を介して文字列に値が代入されます。このフォーマットの値は、キー「dragControl」、「dropControl」、「messages」、「x」、「y」、「type」と共に辞書で渡されます。dragControl の値は文字列で、その他の値は整数です(コールバック文字列の例: 「print '%(dragControl)s %(dropControl)s %(messages)r %(x)d %(y)d %(type)d'」)。

fullPathName(fpn) string query
すべての親を含むウィジェットのフル パス名を返します。
numberOfChildren(nch) boolean query
レイアウトの直接の子の数を整数で返します。
childArray(ca) boolean query
レイアウトの直接の子の名前を文字配列で返します。
numberOfColumns(nc) int createquery
ロー内のカラム数。指定したカラム数は 0 より大きくなければなりません。
columnWidth(cw) [int, int] createeditmultiuse
特定のカラムの幅。第 1 引数は、1 をベースにしたカラムを指定するインデックスです。第 2 引数は幅の値です。
columnWidth1(cw1) int create
1 つのカラムの幅。カラムがちょうど 1 つではない場合は無視されます。
columnWidth2(cw2) [int, int] create
2 つのカラムの幅。カラムがちょうど 2 つではない場合は無視されます。
columnWidth3(cw3) [int, int, int] create
3 つすべてのカラムの幅。カラムがちょうど 3 つではない場合は無視されます。
columnWidth4(cw4) [int, int, int, int] create
4 つすべてのカラムの幅。カラムがちょうど 4 つではない場合は無視されます。
columnWidth5(cw5) [int, int, int, int, int] create
5 つすべてのカラムの幅。カラムがちょうど 5 つではない場合は無視されます。
columnWidth6(cw6) [int, int, int, int, int, int] create
6 つすべてのカラムの幅。カラムがちょうど 6 つではない場合は無視されます。
columnAttach(cat) [int, string, int] createeditmultiuse
特定のカラムへの水平アタッチメント。第 1 引数は、1 をベースにしたカラムを指定するインデックスです。第 2 引数はアタッチメントで、有効な値は、「left」、「right」、「both」です。第 3 引数はオフセット値です。
columnAttach1(ct1) string create
1 つのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 1 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnAttach2(ct2) [string, string] create
2 つのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 2 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnAttach3(ct3) [string, string, string] create
3 つすべてのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 3 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnAttach4(ct4) [string, string, string, string] create
4 つすべてのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 4 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnAttach5(ct5) [string, string, string, string, string] create
5 つすべてのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 5 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnAttach6(ct6) [string, string, string, string, string, string] create
6 つすべてのカラムへのアタッチメント タイプ。カラムがちょうど 6 つではない場合は無視されます。有効な値は「left」、「right」、「both」です。
columnOffset1(co1) int create
-columnAttach1 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。第 1 カラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach1 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 1 つではない場合は無視されます。
columnOffset2(co2) [int, int] create
-columnAttach2 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。両方のカラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach2 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 2 つではない場合は無視されます。
columnOffset3(co3) [int, int, int] create
-columnAttach3 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。3 つすべてのカラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach3 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 3 つではない場合は無視されます。
columnOffset4(co4) [int, int, int, int] create
-columnAttach4 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。4 つすべてのカラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach4 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 4 つではない場合は無視されます。
columnOffset5(co5) [int, int, int, int, int] create
-columnAttach5 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。5 つすべてのカラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach5 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 5 つではない場合は無視されます。
columnOffset6(co6) [int, int, int, int, int, int] create
-columnAttach6 フラグと一緒に使用します。そのフラグと一緒に使用しない場合、このフラグは無視されます。6 つすべてのカラムのオフセットを設定します。適用されるオフセットは、-columnAttach6 フラグで指定したアタッチメントに基づいています。カラムがちょうど 6 つではない場合は無視されます。
rowAttach(rat) [int, string, int] createeditmultiuse
特定のカラムへの垂直アタッチメント。第 1 引数は、1 をベースにしたカラムを指定するインデックスです。第 2 引数はアタッチメントで、有効な値は、「top」、「bottom」、「both」です。第 3 引数はオフセット値です。
columnAlign(cal) [int, string] createeditmultiuse
指定したカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。
columnAlign1(cl1) string create
1 つのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 1 つではない場合は無視されます。
columnAlign2(cl2) [string, string] create
2 つのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 2 つではない場合は無視されます。
columnAlign3(cl3) [string, string, string] create
3 つすべてのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 3 つではない場合は無視されます。
columnAlign4(cl4) [string, string, string, string] create
4 つすべてのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 4 つではない場合は無視されます。
columnAlign5(cl5) [string, string, string, string, string] create
5 つすべてのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 5 つではない場合は無視されます。
columnAlign6(cl6) [string, string, string, string, string, string] create
6 つすべてのカラムのテキストの位置合わせです。有効な値は「left」、「right」、「center」です。カラムがちょうど 6 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn(adj) int createedit
レイアウトのサイズ変更に従ってカラム サイズを変化させるカラムを指定します。
adjustableColumn1(ad1) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる 1 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 1 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn2(ad2) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる、2 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 2 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn3(ad3) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる、3 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 3 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn4(ad4) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる、4 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 4 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn5(ad5) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる、5 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 5 つではない場合は無視されます。
adjustableColumn6(ad6) int create
親レイアウトのサイズに従ってサイズを調整できる、6 つのカラムを指定します。カラムがちょうど 6 つではない場合は無視されます。

フラグはコマンドの作成モードで表示できます フラグはコマンドの編集モードで表示できます
フラグはコマンドの照会モードで表示できます フラグに複数の引数を指定し、タプルまたはリストとして渡すことができます。

Python 例

import maya.cmds as cmds

#    Layout a label, field and slider such that the label is right
#    justified and the field adjusts in size as the window is resized.
#
cmds.window()
cmds.rowLayout( numberOfColumns=3, columnWidth3=(80, 75, 150), adjustableColumn=2, columnAlign=(1, 'right'), columnAttach=[(1, 'both', 0), (2, 'both', 0), (3, 'both', 0)] )
cmds.text()
cmds.intField()
cmds.intSlider()
cmds.showWindow()