ジャンプ先: 概要. 戻り値. フラグ. MEL 例.

概要

modelPanel [-barLayout] [-camera string] [-control] [-copy string] [-createString] [-defineTemplate string] [-docTag string] [-editString] [-exists] [-init] [-isUnique] [-label string] [-menuBarRepeatLast boolean] [-menuBarVisible boolean] [-modelEditor] [-needsInit] [-parent string] [-popupMenuProcedure script] [-replacePanel string] [-tearOff] [-tearOffCopy string] [-tearOffRestore] [-unParent] [-useTemplate string] panelName

modelPanel は、取り消し可能、照会可能、および編集可能です。

モデル エディタから構成されるパネルが作成されます。詳細については、modelEditor コマンドの説明を参照してください。

戻り値

stringパネル名。

照会モードでは、戻り値のタイプは照会されたフラグに基づきます。

フラグ

barLayout, camera, control, copy, createString, defineTemplate, docTag, editString, exists, init, isUnique, label, menuBarRepeatLast, menuBarVisible, modelEditor, needsInit, parent, popupMenuProcedure, replacePanel, tearOff, tearOffCopy, tearOffRestore, unParent, useTemplate
ロング ネーム(ショート ネーム) 引数タイプ プロパティ
-barLayout(-bl) query
パネル アイコン バーの親であるレイアウトの名前が返されます。
-camera(-cam) string queryedit
modelPanel でカメラの照会または編集が実行されます。
-control(-ctl) query
このパネルの最上位のコントロールを返します。通常は、親を取得してポップアップ メニューをアタッチするために使用します。注意: パネルにはコントロールがないことがあります。コントロールが存在しない場合、このフラグは "" を返します。
-copy(-cp) string edit
このパネルを指定したパネルのコピーにします。両方のパネルは同じタイプである必要があります。
-createString(-cs) edit
パネルの作成に使用するコマンド文字列
-defineTemplate(-dt) string create
他の任意のフラグと引数を解析し、かつ引数で指定したコマンド テンプレートに追加するモードに、コマンドのモードを変更します。 templateName が現在のテンプレートとして設定されていれば、その後コマンドが実行されるたびに、この引数が既定の引数として使用されます。
-docTag(-dtg) string createqueryedit
Maya のパネルにタグをアタッチします。
-editString(-es) edit
パネルの編集に使用するコマンド文字列
-exists(-ex) create
指定したオブジェクトが存在するかどうかを返します。他のフラグは無視されます。
-init(-in) createedit
パネルの既定の状態を初期化します。これは、file -new と file -open によって自動的に実行されます。
-isUnique(-iu) query
このパネル タイプのインスタンスが 1 つだけ許可されている場合、true を返します。
-label(-l) string queryedit
ユーザが読みやすいパネル用ラベルを指定します。
-menuBarRepeatLast(-mrl) boolean createqueryedit
メニュー ヘッダを中マウス ボタンでクリックしたときに、最後に選択したメニュー項目を繰り返すかどうかをコントロールします。
-menuBarVisible(-mbv) boolean createqueryedit
パネルのメニュー バーを表示するかどうかを制御します。
-modelEditor(-me) query
パネルに含まれるモデル エディタの名前が返されます。
-needsInit(-ni) queryedit
(内部) On Edit は、初期化が必要なものとしてパネルをマークします。照会すると、初期化が必要なものとしてパネルがマークされているかどうかを返します。file -new と file -open で使用されます。
-parent(-p) string create
このパネルの親のレイアウトを指定します。
-popupMenuProcedure(-pmp) script queryedit
パネルのポップアップ メニューを作成するためにコールされるプロシージャを指定します。既定値は「buildPanelPopupMenu」です。プロシージャは、パネル名である文字列引数を持つ必要があります。
-replacePanel(-rp) string edit
指定したパネルをこのパネルと置き換えます。ターゲット パネルが同じレイアウト内にある場合、入れ替えを実行します。
-tearOff(-to) queryedit
このパネルを切り離し、パネルの親としての paneLayout を持つフローティング ウィンドウにします。照会すると、パネルが独自のウィンドウに切り離されたかどうかを返します。
-tearOffCopy(-toc) string create
このパネルを、指定したソース パネルのコピーを切り離したウィンドウとして作成します。
-tearOffRestore(-tor) createedit
パネルが切り離されていて、フォーカスされている場合に、パネルを復元します。パネルがドッキングされている場合は、ドッキングされたウィンドウ内でアクティブなパネルになります。パネルを切り離す場合のみに使用される -to/-tearOff フラグではなく、このフラグをすべてのパネルに追加される既定のフラグにする必要があります。
-unParent(-up) edit
パネルをそのレイアウトから除去するように指定します。照会には使用できません。
-useTemplate(-ut) string create
コマンドに、現在のものとは異なるコマンド テンプレートを使用するように強制します。

フラグはコマンドの作成モードで表示できます フラグはコマンドの編集モードで表示できます
フラグはコマンドの照会モードで表示できます コマンド内でフラグを複数回使用できます。

MEL 例

//    Example 1.
//
//    Create a model panel in a separate window.
//
string $window = `window`;
paneLayout;
modelPanel;
showWindow $window;

//    Example 2.
//
//    Set the panel configuration to show all 4 model views.
//    Then swap the Perspective View and Front View panels.
//
setNamedPanelLayout "Four View";
string $perspPanel = `getPanel -withLabel "Persp View"`;
string $frontPanel = `getPanel -withLabel "Front View"`;
modelPanel -edit -replacePanel $frontPanel $perspPanel;